XeoryBaseでの記事投稿方法と固定ページ作成方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kiji

「XeoryBase」の初期設定とカスタマイズが完了すれば、いよいよ記事の作成に入ります。

ここでは、記事投稿方法、固定ページの作成方法、問い合わせページの作成方法、CTAの作成と設置方法、LPの作成と設置方法を説明します。

始めに

WordPressでブログを始める際には、必ず覚えなければならないのが投稿方法です。文字の入力はもちろんのこと、画像や表の挿入の仕方やリンクの挿入方法などを覚える必要があります。また最低限のSEO対策も必要です。

 

ページの種類

「XeoryBase」では以下の5種類のページを作成することができます。どれもブログ運営には必要なページです。

  • 個別記事
  • 固定ページ
  • 問い合わせページ
  • CTA(コールトゥアクション)
  • LP(ランディングページ)

 

それぞれのページの意味

個別記事とは、カテゴリーによって分類された一つのテーマにそって書かれたページです。個別記事を投稿していくことでブログ全体に厚みが増します。

固定ページとは、カテゴリーとの紐付けやトップページとの連動のない独立したページです。グローバルナビなど決まった場所に配置し、特別な意味を持たせます。なおRSSは作成されません。

問い合わせページとは、ブログの読者からの問い合わせを受け付けるページです。読者と相互にコミュニケーションを取る場所として、お問い合わせフォームが必要になります。

CTAとは、Call To Action(コールトゥアクション)の略であり、次に行動を促すページのことです。例えば記事下に表示される、メルマガへの登録を促すページなどです。

LPとは、Landing Page(ランディングページ)の略であり、商品説明、購入クリックを1ページで完結させるページのことです。通販サイトでは必ずと言っていいほど設置されています。

これらのうち、個別記事、固定ページ、問い合わせページは必須です。すぐにでも作成しましょう。

CTAとLPについては必要に応じて作成していきましょう。

 

それでは、それぞれのページの作成方法と設置方法を見ていきましょう。

 

個別記事投稿方法

個別記事を投稿するには、WordPress管理画面の「投稿」から「新規追加」をクリックします。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

 

記事タイトル入力

記事のタイトルを入力し、生成されたパーマリンクを編集します。

タイトルの入力

ここで記事のタイトルを全角28文字以内で入力します。28文字を超えた分は検索結果に反映されず切れてしまいます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

タイトルを付ける際は漠然と付けるのではなく、SEOを意識したタイトルを付けるよう工夫しましょう。とはいっても難しく考えすぎると手が止まってしまいますので、まずは自分が検索する側に立ち、どんなキーワードを使って検索するのかを考えることから始めてください。

パーマリンクの編集

タイトルを入力しエンターなどを押すと、タイトルの下にパーマリンクが表示されます。「編集」ボタンをクリックしパーマリンクを編集します。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

パーマリンクは必ず英語にします。日本語ではソースが長くなり過ぎてユーザーにも検索エンジンにも好まれません。入力したら「OK」をクリックします。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

 

本文入力

タイトルに沿った記事の本文を入力します。必要に応じて画像を挿入します。

文字の入力方法

この欄に本文を書いていきます。作成モードは2種類あって、文章の装飾が容易な「ビジュアルモード」とHTMLで記述する「テキストモード」があります。まずは「ビジュアルモード」で構いません。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

記事の本文を書いていく際に必ずしてほしいのは、見出しタグの設定です。文章中に本のように見出しを作り、記事を読みやすくします。

見出しタグを設定する際のルールは次の2つです。

  • H2タグから使う(H1タグは使わない)
  • 大きい見出しはH2タグを、小さい見出しはH3タグを使う(逆はしない)

通常最も大きい見出しのH1タグは記事のタイトルで使うため、本文中ではH1タグは使わないようにしましょう。そうすることでH1タグの重複が避けられます。

大きい見出しにはH2タグを使い、小さい見出しにはH3タグを使いましょう。さらに小さい見出しにはH4タグを使うようにしましょう。大きい見出しにH3タグやH4タグを使った後に、小さい見出しにH2タグを使うと検索エンジンが混乱します。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36

文章に見出しを付けることによって、検索エンジンがページの文章構造を理解しやすくなり、結果SEOに非常に好ましいと言えます。

なお、リストの作成方法やリンクの挿入方法など詳しい文字入力方法は、以下の記事を参考になさってください。

TinyMCE Advancedの設定方法

画像の挿入方法

ブログの内容をよりイメージしやすくするために本文中に画像を挿入します。

まず左上にある「メディアを挿入」をクリックします。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a37

メディア画面が表示されますので、「ファイルをアップロード」をクリックします。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a38

中央の「ファイルを選択」をクリックし、任意の場所から画像を引っ張ってきます。引っ張ってきたら、画像の配置方法を選択し、サイズを選択します。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a39

配置は「中央」を選択すると記事の中央部に表示され、「左」「右」を選択すると記事の左右に配置され、空白部分に文章が回り込みます。「投稿を挿入」をクリックすると記事中に画像が挿入されます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a310

 

カテゴリー選択

あらかじめ登録したカテゴリーから記事のテーマ・内容に合致するカテゴリーを選択します。カテゴリーを登録していない場合でも、ここで登録できます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a311

カテゴリーは複数選択することも可能です。

 

タグ設定

記事の中でメインになるキーワードを入力します。数は3つ程度、多くても10個以内にします。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a312

 

メタタグ設定

本文を入力した後に、ページの情報を検索エンジンに提供するために入力します。

メタディスクリプション

記事の要約を80文字以内で入力します。ここで入力した文字が、検索した際にタイトルと一緒に表示されます。

メタキーワード

記事中で最も重要なキーワードを入力します。検索エンジンにそのページで最も重要なキーワードを知らせることができます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a313

 

公開

ここまでの全ての項目を埋めたらページを公開します。公開するには右上の「公開」ボタンをクリックします。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a314

 

以上で、個別記事の投稿が完了です。

 

固定ページの作成方法

固定ページを投稿するには、WordPress管理画面の「固定ページ」から「新規追加」をクリックします。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

 

固定ページタイトル入力

SEOを意識する必要はなく、シンプルで分かりやすいタイトルにします。また生成されるパーマリンクは必ず英語にしましょう。

 

本文入力

個別記事の投稿と同様に本文を入力していきます。

 

メタタグ設定

個別記事の投稿と同様にメタタグを設定していきます。

 

ページ属性

固定ページに属性を持たすことができます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

プルダウンから作成した固定ページの「親」となる固定ページを設定して階層化することができます。「親」となる固定ページはあらかじめ作成しておく必要があります。

テンプレート

プルダウンから固定ページ専用のテンプレートを適用することができます。専用のテンプレートを適用することで、固定ページの見た目を変えることができます。固定ページ専用のテンプレートはあらかじめ作成しておく必要があります。

順序

固定ページの並び順を変更することができます。グローバルナビでは数字が小さい順に左から表示されます。

特に必要なければ全てデフォルトのままでいいでしょう。

 

公開

入力が終われば公開します。

 

以上で固定ページの作成方法は終わりです。

 

問い合わせページの作成方法

問い合わせページを投稿するには、WordPress管理画面の「お問い合わせ」から「新規追加」をクリックします。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

 

ショートコードの作成

「コンタクトフォームを追加」画面が表示されたら、フォームタイトルを記入します。ここでは「フォーム1」としています。

また、必要に応じてフォームの項目を追加していきます。デフォルトでは、「お名前」、「メールアドレス」、「題名」、「メッセージ本文」と「送信ボタン」がお問い合わせフォームに表示されるようになっています。

キャプチャ2

続いて、「メール」タブを選択し、「送信先」の欄にメールアドレスを入力します。入力したメールアドレス宛にお問い合わせメールが飛んできます。

キャプチャ3

「保存」ボタンをクリックすると、ショートコードが生成されたことを確認します。このショートコードを投稿記事に貼り付けていきます。

キャプチャ4

 

タイトル入力

固定ページを作成し、タイトルを入力します。タイトルは「お問い合わせ」でいいでしょう。

 

ショートコードの貼り付け

本文中に先ほど確認したショートコードを貼り付けます。

キャプチャ5

 

メタタグ設定

個別記事同様にメタタグを設定すれば完了です。

 

公開

「公開」ボタンをクリックし、公開します。

 

以上で、お問い合わせページの作成方法は終わりです。

なおプラグインであるContact Form 7の設定方法については、こちらの記事も併せてご確認下さい。

Contact Form 7の設定方法

 

CTA(コールトゥアクション)の作成と設置方法

CTAはWordPress管理画面の「CTA」を選択し、「新規作成」をクリックします。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

 

タイトル入力

コンバージョンが上がるようにシンプルで分かりやすいタイトルを入力します。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

 

本文入力

本文を入力します。単なる文章ではなく、読者に行動を促す文章を記入します。

 

アイキャッチ画像設定

画像の挿入方法と同じように、アイキャッチ画像を設定します。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36

 

ボタンの設定

ボタンに表示されるテキストとリンク先URLを入力します。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a37

 

公開

全て設定したら公開ボタンをクリックし公開します。

 

CTAの設置方法

個別記事作成画面を開きます。画面一番下の「CTA設定」の欄を確認し、「既に作成してあるCTAの中から選ぶ」にチェックを入れます。

チェックを入れると下にCTAを選ぶプルダウンが表示されますので、その中から設置するCTAを選択します。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a38

 

以上で、CTAの作成方法と設置方法は終わりです。

 

LP(ランディングページ)の作成と設置方法

LPはWordPress管理画面の「LP」を選択し、「新規作成」をクリックします。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a39

 

タイトル入力

コンバージョンが上がるようにシンプルで分かりやすいタイトルを入力します。生成されたパーマリンクを英語にします。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a310

 

本文入力

本文を入力します。シンプルなもので十分です。

 

アイキャッチ画像設定

画像の挿入方法と同じように、アイキャッチ画像を設定します。

 

レイアウト設定

ランディングページのレイアウトを設定します。ランディングページではサイドバーは余計なので1カラムを選択します。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a311

 

入力フォームの作成

メルマガ配信スタンドのコードを生成し、入力フォームを作成します。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a312

 

メルマガ配信スタンドを契約していない場合、現時点では設定不要です。契約後に設定しましょう。

(当ブログの推奨メルマガとコード生成方法については、後日公開予定です。)

 

公開

全ての項目を設定したら公開ボタンをクリックし公開します。

 

LPの設置方法

LPのパーマリンクを記事中に貼り付ければOKです。個別記事からでも、固定ページからでもLPに誘導することが可能です。

 

以上で、LPの作成方法と設置方法は終わりです。

 

最後に

それぞれのページの作成方法を説明しました。コツははじめから完璧を目指さず、まずは手を付けてみることです。記事は後から更新していくというスタンスで良いと思います。

 

 

以上、XeoryBaseでの記事投稿方法と固定ページ作成方法、でした。

ウナダ

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*